b0249167_1802626.jpg

  裂き織用に裂いた着物地がずいぶんとたまって、早く何かに織りあげて活用しなくてはと、
  いつも思っているものの、年々行動に移すのが遅くなっていると感じます。
  やっと重い腰を上げ機の前にすわったのは、11月。
  なるべく大きなもの・・・ということで、ソファーカバーにしました。
  60×500㎝。これならかなりの布が利用できそうです。
  経糸の数1㎝に8本。(使用したのは裂き織用木綿糸。)
  横糸は裂き布と木綿糸を交互に織っていますが
  糸は昨日UPした残り物の糸をつないだもの。
  不要なものを合わせあいながら 新しい命が生まれる、裂き織の魅力ですね。


b0249167_18291781.jpg

  織地を拡大するとこんな風です。横の木綿糸、つないだ糸の色が面白い雰囲気です!
# by junjun355 | 2017-12-12 18:01 | 裂き織
b0249167_1731222.jpgb0249167_17333118.jpg










昨年前半は精霊の守り人2でエキストラさんが使う原始機10台分の製作で大わらわでした。
上の二つはその時のものです。
撮影が終わった後に戻ってきていた原始機のうち この二つをクッションにしました。
    
b0249167_17453134.jpg

あとの作品は幅が狭かったり、短かったりで何にしたらいいのか分からず
機から外したままで放置しています。
織物を機から外すと織終わりの方に経糸が残ります。
まして撮影のものなので最後まで全部織りきれたというわけでもありません。
そんな残りの糸をつないで玉にしてみました。
b0249167_17533164.jpg

苦労したものですから何か利用できたらと思っています。
# by junjun355 | 2017-12-11 17:25 | 古代織
b0249167_20331142.jpg

  2週間ぶりに訪れた男体山はもうすっかり冬の佇まいです。
  この前、紅葉が青空に映えて息を飲むような美しさだったモミジの谷もすっかり葉を落とした
  木々が寒々とした幹をあらわにしています。

  足元は落ち葉がいっぱい。
  こんなくだりの山道でタバコを吸っている若者二人に会いました。 b0249167_2144035.jpg
  
  山でタバコを吸っている人も見たのは初めてです。
  あぶないなと思いつつ傍らを通り過ぎましたが
  気になって少し下ったところで待っていると
  タバコを吸い終わったらしい若者が
  傍を通り過ぎようとします。
  「タバコ、ちゃんと始末した?」と
  つい声を掛けてしまいました。



  夫は「そんなこといわなくてもね~」なんて若者の肩を持とうとしますが
  私は「この山は十数年前にすごい山火事になって大きなブナの木など
   いっぱい枯れてしまった の。だから文字通りの老婆心で言っちゃったのよ。
   ごめんなさいね。」

  若者は素直な面持ちでしたが聞き終わると またすごい勢いで元気に駆け下りていきました。
  老婆心なんて言葉、今時の若者に通じたのかどうか、自信ないです。
# by junjun355 | 2017-12-10 21:15 | 野山散策
  夫に 裂き織を使って 椅子の張替をしてもらいました。
  夫の祖母が終戦後、近くの人に織ってもらったそうです。

                こんな織り地です。

b0249167_135515.jpg

                
                こんな椅子になりました。
 
 
b0249167_15493441.jpg


              縫い方が今一つ・・・ちょっと残念!

         裂き織の椅子はH.Pでも「古代織の部屋ゆう」でも取り上げていますので
         ご覧くださいね。

         久しぶりのブログ、なかなか大変。
         画像もリンクもうまくいかないで四苦八苦。
         脳細胞活性化のため 頑張らなくっちゃと言い聞かせながらの
         ブログ再出発となりました。ふう~
  
        
# by junjun355 | 2017-12-09 07:23 | 裂き織
b0249167_1774261.jpg

   夏以降真田織を続けているうち
   我が家ブランドの眞田紐があったらどんなに良いかと ふと思ってしまいました。
   何か贈り物に我が家ブランドの紐を掛けて差し上げるなんてステキだな~・・・・と。

   で、5メートルの眞田紐を織ることにしました。
   それは何か月前だったのか忘れるほど長々とリビングに常設。
    
   お正月が来るのでこれは大変と ここ数日夜なべ仕事をしてようやく完成。


b0249167_1783274.jpg

   UPするとこんな柄です。
   地味ごのみの我が家にはぴったりの色合いです。

   でもこんなに長々と放置するような状態では
   ちょこちょこお使い物ということは無理のよう。  
   やはり市販のリボンのほうが合理的・・・・そんな気もします。
   どうしたものか思案しつつ年を越しそうです。


b0249167_1792890.jpg

   いつもながらこれだけの道具(?)で織ることが出来ました。
# by junjun355 | 2016-12-29 17:32 | 古代織